夢真ホールディングス <2362> (JQ)は建築技術者派遣事業を主力として、エンジニア派遣事業なども展開している。17年9月期大幅増収増益予想である。需要が高水準に推移して通期予想に上振れ余地がありそうだ。株価は調整一巡して戻り歩調だ。2月高値を試す展開が期待される。
 
■建築技術者派遣事業およびエンジニア派遣事業を展開
 
 建築技術者派遣事業を主力として、エンジニア派遣事業、その他事業も展開している。17年12月にはグループの稼働技術者数が6000人を突破した。中期目標として20年度を目途に、建築技術者と製造・IT業界向けエンジニアの合計でグループ稼働人数1万人を目指している。
 
 17年12月には子会社の夢真テクノロジーが、エンジニア派遣事業のクルンテープを子会社化した。
 
■18年9月期大幅増収増益予想で上振れ余地
 
 18年9月期の連結業績予想は、売上高が17年9月期比27.8%増の390億円、営業利益が90.5%増の45億円、経常利益が85.7%増の45億円、純利益が2.0倍の29億円としている。
 
 第1四半期は売上高が前年同期比34.5%増収、営業利益が90.8%増益、経常利益が66.3%増益、純利益が2.2倍増益だった。の9億57百万円だった。稼働人数増加、稼働率上昇、派遣単価上昇で、建築事業派遣事業が33.0%増収、74.0%増益、エンジニア派遣事業が37.5%増収、48.1%増益と、いずれも好調だった。期末技術者数は建築事業派遣事業が29.4%増の4629人、エンジニア派遣事業が47.4%増の1761人だった。
 
 通期予想に対する第1四半期の進捗率は売上高24.1%、営業利益27.4%、経常利益26.8%、純利益33.0%と順調である。月次速報によると、建築技術者派遣事業は18年3月も31%増収、58%増益と好調に推移している。通期予想に上振れ余地がありそうだ。
 
■株価は調整一巡して戻り歩調
 
 株価は直近安値圏1100円近辺から切り返している。調整一巡して戻り歩調だ。4月17日の終値は1229円、今期予想連結PERは約32倍、そして時価総額は約917億円である。週足チャートで見ると13週移動平均線回復の動きを強めている。2月高値1353円を試す展開が期待される。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)