東京市場のドル/円は、シリア情勢への警戒ムードが後退し、朝方に107.60円台まで上昇。

 ただ、その後は17-18日の日米首脳会談や国内政治情勢の不透明感を背景に、一時107.10円台へ弱含む展開となりました。

 欧米市場の動きが気になるところですが、まずは注目材料を確認しておきましょう。


4/16(月)
16:30 若田部日銀副総裁、参院決算委に出席
17:10 雨宮日銀副総裁、あいさつ
19:45 バンク・オブ・アメリカ1-3月期決算
21:30☆米4月NY連銀製造業景況指数
21:30☆米3月小売売上高
23:00 米2月企業在庫
23:00 米4月NAHB住宅市場指数 
25:00 カプラン米ダラス連銀総裁、カシュカリ米ミネアポリス連銀総裁、講演
26:15 ボスティック米アトランタ連銀総裁、講演
29:00 米2月対米証券投資

4/17(火)
10:30☆RBA議事録
11:00☆中国1-3月期GDP
11:00☆中国3月鉱工業生産
11:00  中国3月小売売上高

※☆は特に注目の材料

 シリア情勢への懸念が後退した事でドル/円は米ファンダメンタルズ回帰となるのか、今夜は米3月小売売上高に注目です。

 自動車販売が好調だったほか、税還付金の影響も期待できそうとの事で市場予想は前月比+0.4%と比較的高めの伸びが見込まれています。

 ドル/円が再び107円台を割り込むのか、あるいは2カ月ぶりに108円台を回復するのか今週が勝負となりそうで、まずは今夜の動きに注目です。

(欧米時間のドル/円予想レンジ:106.700-107.800円)
(執筆:外為どっとコム総合研究所 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)