東京市場のドル/円は、シリア情勢への警戒ムードが後退し、朝方に107.60円台まで上昇。

 ただ、その後は17-18日の日米首脳会談や国内政治情勢の不透明感を背景に、一時107.10円台へ弱含む展開となりました。

 欧米市場の動きが気になるところですが、まずは注目材料を確認しておきましょう。 4/16(月) 16:30 若田部日銀副総裁、参院決算委に出席 ・・・・

続きを読む