コンヴァノ <6574> (東マ)は、4月11日に東京証券取引所マザーズに上場した。同社グループは、2007年創業以来、『新しい価値の創造と機会の拡大』というミッションのもと、既成概念にとらわれない革新的なネイルサービスを通して、沢山の顧客に従来にない付加価値を提供している。同社グループは、同社及び連結子会社1社で構成されている。同社グループは、ネイルサービスを事業の主力としながらも、各地に出店しているネイルサロンをメディア化するという方向性のもと、「ネイル事業」と「メディア事業」を展開している。
 
 「今日ネイルがしたい!」「会社帰りに行きたい」という顧客のニーズに対応し、利用しやすい主要駅の近くや地域密着型のショッピングセンターなど、より便利な場所に積極的に出店を進めている。高品質でバラエティ豊かなジェルネイルを毎月通えるお手ごろ価格で提供。「デザインFit検索」で豊富なデザインからすぐにネット予約ができる。ネイルサロン「FASTNAIL(ファストネイル)」は首都圏・東海・関西に47店舗展開している。
 
 前2018年3月期第3四半期業績実績は、売上高15億0700万円(前年同期比12.8%増)、営業利益1億3400万円(同55.6%増)、経常利益1億2900万円(同59.9%増)、純利益7900万円(同56.6%増)に着地。
 
 前18年3月期業績予想は、売上高20億円(前の期比11.9%増)、営業利益1億4000万円(同29.5%増)、経常利益1億3400万円(同32.7%増)、純利益8400万円(同32.7%増)を見込む。上場で調達した資金は新規出店に充てる計画で、年間配当予想は、無配を予定している。
 
 株価は、上場初日の11日に公開価格930円の2.35倍に相当する2189円で初値をつけ、同日高値2589円と買い進まれた後、13日安値1618円と下げている。上場を契機に更なる人材獲得を進め、大都市圏を中心に、毎年5店舗程度店舗数を拡大する計画で、今19年3月期2ケタの増収増益が観測されている。5月中旬に予定される3月期本決算の発表を前に目先換金売りが一巡し需給が改善するか見極めるところだろう。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)