米中貿易戦争という言葉が一人歩きするほど、米国と中国との間で貿易を巡る規制合戦が激化している。そのような中で、中国国家外貨管理局が発表した国際収支統計によると、18年10-12月期の国際収支は365億ドルのプラスとなり、特にIT産業に対する直接投資が前年同期の16億ドルから、128.2億ドルと急増している。大和総研経済調査部研究員の中田理惠氏は4月6日に「中国:IT産業への対中直接投資が急増」と題したレポート(全4ページ)を発表し、中国の国際収支について考察した。レポートの要旨は以下の通り。 ◆2017年10-12月期の中国国際収支統計によると、金融収支(外貨準備を除く)は4四半期連続の流入超とな・・・・

続きを読む