ニューヨーク原油先物市場のWTI先物は下落。CL_の終値は62.05ドル。週間ベースで2か月ぶりの大幅安となった。
米中間の貿易問題深刻化に伴い経済成長が脅かされ、エネルギー需要が減退するとの見方が広がった。

スポット金相場は反発。XAUUSDの終値は1332.90ドル。
中国との貿易問題行き詰まりで、米国は短期的な痛みに直面する可能性もある、とトランプ大統領が警告したことが手掛かりになった。(情報提供:東岳証券)