3月の雇用時計は全般的に予想を下回るものだったが為替への影響は軽微。ドル円は株価の大幅下落や金利低下を背景に106円78銭まで売られ、107円前後で越週。ユーロドルはやや反発したものの1.22台後半までで、1.23台には届かず。

 株式市場は再び大幅な下落。米中の貿易戦争は回避できるとの楽観的な見通しが、ムニューシン財務長官の発言で再びリスクが高まった。ダウは一時700ドルを超える下げを・・・・

続きを読む