アジャイルメディア・ネットワーク <6573> (東マ)は、3月28日に東京証券取引所マザーズに上場した。同社は、現在60を超える企業・ブランドのアンバサダープログラムの支援をしている。単なる受け身のファンではなく、企業やブランドの活動に積極的に関わり応援してくれるアンバサダーに着目し、交流を通じて一緒に価値形成を行い、継続的にアンバサダーを増やしていくことが大切である考え、企業毎に最適なアンバサダープログラムを提案している。
 
 アンバサダープログラムではアンバサダーの発見・登録・分析・連絡に使用する基幹システム「アンバサダープラットフォーム」を基盤に、プログラム運用支援やクチコミの促進するための施策の企画・運営支援など、様々なサービスを提供しているほか、アンバサダー事業の新しいメニューとしてサイト制作や広告配信、会員組織を多く抱えるメディア企業との連携し「特定の趣味に特化したアンバサダー組織」を構築することで、プロモーション・販売促進活動、商品開発などを支援している。
 
 今2018年12月期第2四半期業績予想は、売上高4億1200万円、営業利益2200万円、経常利益1000万円、純利益800万円を見込む。
 
 今18年12月期業績予想は、売上高9億9000万円(前期比34.9%増)、営業利益1億2600万円(同90.2%増)、経常利益1億1300万円(同67.9%増)、純利益9700万円(同53.0%増)を見込む。上場で得た資金はシステムの増強に充てる。年間配当予想は、無配を予定している。
 
 株価は、上場3日目の3月30日に公開価格3000円の5.16倍相当の1万5470円円で初値をつけ、同2日高値1万6850円と買い進まれた後、高値圏で頑強な動きとなっている。ソーシャルメディアの口コミを分析し、販促や商品開発を支援するアンバサダープログラムの提案は好調で、既存プログラムのリピート率が高まると見られるほか、新規事業の積極展開により収益拡大が加速するとの期待感からIPO人気となっている。目先1万5000円割れが下値として意識された感があり、高値奪回から一段高へ向かう場面も期待されそうだ。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)