ドル円は朝方106円台前半で始まり、株価の大幅下落に106円12銭まで売られたが、その後株価が急速に切り返し、長期金利も上昇したことで106円85銭までドル高が進む。ユーロドルは引き続き1.23を挟む展開が続く。やや手詰まり感もあり、値動きも小幅に留まる。株式市場は乱高下。朝方は中国の米国への報復関税発表を材料にダウは500ドルを超える下げに。その後米政権は関税導入を回避する交渉を行う意向があることが伝わる・・・・

続きを読む