キュービーネットホールディングス <6571> は、3月23日に東京証券取引所市場第一部に上場した。同社は、「QB HOUSE」等、ヘアカット専門店チェーンを運営するキュービーネット株式会社をはじめとする、グループ会社の経営管理全般を行っている。
 
 QBハウスグループは、世の中の人々に必要とされる「お手軽さ」を軸としたブランドを展開。忙しいビジネスマンを始めとした短時間・低価格サービスを必要とする人のための「QB HOUSE」、海外の人々への「QB GLOBAL」、女性・若年層への「FaSS」、店舗へ足を運ぶことが難しい方のための「訪問理美容サービス」。さらに、スタイリスト研修制度「LogiThcut PROFESSIONAL STYLIST SCHOOL」と、理美容業界の発展のため、事業を広げている。
 
 今2018年6月期第2四半期は、「低価格・短時間・高利便性・ヘアカットのみ・予約不要」という5つのお手軽さをお客さまに広く享受して頂けるよう、サービスの向上及び店舗拡大に取り組んでいる。また、ヘアカット未経験者及びパートタイムの理美容師を積極的に採用し、育成をすることで戦力化を進め、より多くの理美容師の囲い込みを図る体制の構築を進めている。新規出店は、国内が一都三県を中心に8店舗、海外は香港及び台湾に各2店舗12店舗出店。また、家主都合による3店舗を含め7店舗閉鎖したことで、第2四半期末の店舗数は664店舗となっている。
 
 今2018年6月期第2四半期業績実績は、売上高96億1400万円(前年同期比8.8%増)、営業利益9億3000万円(同5.5%減)、経常利益8億8800万円(同5.6%減)、純利益5億9400万円(同11.9%減)に着地。第2四半期の業績は概ね計画通りに推移している。
 
 今18年6月期業績予想は、売上高190億9000万円(前期比6.2%増)、営業利益17億1400万円(同14.1%増)、経常利益16億3100万円(同15.0%増)、純利益11億円(同7.5%増)を見込む。年間配当予想は、未定としている。
 
 株価は、上場初日の3月23日に公開価格2250円を6%下回る2115円で初値をつけ、同27日高値2264円と買われた後、同29日安値1967円まで下げて4月2日高値2169円と買い直されている。今6月期第2四半期業績は概ね計画通りに推移し、通期計画は達成出来る見通しで、続く来6月期業績の続伸、配当含みと観測されており、2000円割れには下値買いが入っている。需給は改善されつつあり、中長期的な視点で押し目買い妙味が膨らみそうだ。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)