統計総局(GSO)の発表によると、2018年1-3月期の国内総生産(GDP)成長率(推定値)は+7.38%で、1-3月期として直近10年間の最高値を記録した。2009年~2017年における同期の最低GDP成長率は+3.14%、最高は+6.12%だった。

  同期のGDP成長を促したのは工業・建設業(+9.70%)で、うち製造業が+13.56%の成長で、直近7年間で最も高かった。また、サービス業は+6.70%、農林水産業は+4.05%の成長だった。

  GDP構成比率が大きいのは、◆サービス業:43.77%、◆工業・建設業:35.26%、◆農林水産業:10.34%の3つとなっている。(情報提供:VERAC)