昨日のドル/円は、一時106.20円台まで反落。海外勢のイースター休暇を前に前日の上昇に対する調整が入った。イースター(復活祭)はキリスト教における最も重要な祭りで、本日のグッドフライデーから週明けのイースターマンデーまで多くの国が連休となる。
 例年、イースター休暇中の為替市場は取引が細りがちで値動きも鈍る傾向が強い。今年もドル/円の値動きは限られる公算が大きいだろう。米国の通商問題などに絡んで突発的なニュースが出なければ、106円台でもみ合う展開が見込まれる。
 本日の予想レンジ:106.200-106.800円(執筆:外為どっとコム総合研究所 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)