アクアライン <6173> (東マ)は「水道屋本舗」屋号の水回り緊急修理サービス事業を主力としている。18年2月期の利益は横ばい予想だが、19年12月期の収益拡大を期待したい。株価は高値圏から反落して水準を切り下げたが、調整一巡感を強めている。
 
■水回り緊急修理サービス事業が主力
 
 「水道屋本舗」屋号の水回り緊急修理サービス事業を主力として、ミネラルウォーター事業も展開している。ミネラルウォーター事業では17年8月、アクアクララと業務提携している。
 
■18年2月期利益横ばいだが19年2月期収益拡大期待
 
 18年2月期連結業績予想(2月15日に売上高を増額、利益を減額修正)は、売上高が52億09百万円、営業利益が3億47百万円、経常利益が3億47百万円、純利益が2億15百万円としている。
 
 17年2月期の非連結業績との比較で、受注件数が順調で増収だが、人件費や広告宣伝費の増加で利益は横ばいにとどまる見込みだ。19年2月期の収益拡大を期待したい。
 
■株価は調整一巡感
 
 株価は1月の上場来高値3570円から反落して水準を切り下げたが、2000円で調整一巡感を強めている。3月29日の終値は2150円、前期推定連結PERは約19倍、時価総額は約44億円である。
 
 週足チャートで見ると52週移動平均線を割り込んだが、2000円近辺が下値支持線となりそうだ。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)