ヤマシンフィルタ <6240> は、建設機械の油圧回路用フィルタで世界首位である。18年3月期大幅増収増益予想で、19年3月期も収益拡大が期待される。株価は1月の上場来高値から反落したが調整一巡感を強めている。
 
■建設機械の油圧回路用フィルタで世界首位
 
 建設機械の油圧回路用フィルタで世界首位である。産業機械用や電子部品製造工程用のフィルタも展開している。
 
 3月29日には米国および中国の連結子会社への生産委託を発表した。現在はフィリピンで約9割、日本で約1割を生産しているが、地政学リスクの回避、流通コストの削減、主要取引先との関係強化を目的として生産委託する。
 
■18年3月期大幅増収増益予想、19年3月期も収益拡大期待
 
 18年3月期の連結業績予想は、売上高が17年3月期比24.9%増の125億円、営業利益が82.7%増の17億50百万円、経常利益が84.1%増の17億20百万円、純利益が84.4%増の11億80百万円としている。
 
 主力の建機用フィルタの需要が高水準に推移して大幅増収増益予想である。19年3月期も収益拡大が期待される。
 
■株価は調整一巡感
 
 株価(17年12月1日付で株式5分割)は1月の上場来高値1579円から反落したが、2月の直近安値1115円から下値を切り上げて調整一巡感を強めている。
 
 3月29日の終値は1344円で、今期予想連結PERは約71倍、時価総額は約912億円である。週足チャートで見ると26週移動平均線がサポートラインだ。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)