SOU <9270> (東マ)は、3月22日に東京証券取引所マザーズに上場した。同社は「そうきたか!をつくる。」をミッションに掲げ、他に追随するのではなく常に世の中に「驚き×納得=そうきたか!」を与えられるような企業であることを念頭に、リユース業界においてブランド品や貴金属、骨董・美術品の買取・販売を行っている。
 
 買取店舗にて一般の顧客から買い取った商品を自社内で修理・検品し、主に自社開催のオークションにて国内外の業者に卸販売を行う、独自のビジネスモデルを構築している。また、これまでの買取店舗のイメージを覆す明るく洗練された店舗づくりや、SNSを利用した査定サービスを導入、さらには過去から現在までの持ち物の価値を見える化し、モノを資産として管理するアプリの運営など、リユース業界の常識に捉われない新たな発想で事業を拡大している。
 
 今2018年8月期第1四半期業績実績は、売上高75億9000万円、営業利益5億9800万円、経常利益6億0100万円、純利益3億9100万円に着地。
 
 今18年8月期業績予想は、売上高297億3200万円(前期比31.1%増)、営業利益16億9300万円(同64.4%増)、経常利益17億1000万円(同50.1%増)、純利益11億2200万円(同96.6%増)を見込む。上場で調達する資金は店舗数の拡大やシステム投資などに充てる計画。年間配当予想は、業績に応じた配当(前期は期末一括88円を実施)を予定している。
 
 株価は、上場初日の22日に公開価格3300円を24.2%上回る4100円で初値をつけ、23日安値3570円と下落した後、27日高値5240円と上昇している。国内シェアNo.1の獲得とグローバル化を推進するため、2017年8月期第1四半期の55店舗体制を19年8月期までに70店舗超へ拡大し、買取拠点拡充による同社コアビジネスのさらなる拡充のほか、資産管理アプリ「miney(マイニー)」による潜在顧客へのアプローチ、現在5%程度の海外売上比率を拡大し、海外ビジネスの強化による新たな成長の柱の構築に取り組んでおり、中期的な成長が期待される。4200円割れが目先の下値となった感はあり、再度上値を試すか注目されそうだ。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)