サツドラホールディングス <3544> は、北海道を地盤としてドラッグストア・調剤薬局を展開している。3月23日に18年5月期連結業績予想を増額修正した。これを好感して株価は戻り歩調だ。
 
■北海道地盤にドラッグストア・調剤薬局を展開
 
 北海道を地盤としてドラッグストア・調剤薬局を展開している。18年2月末時点の店舗数は203店舗(ドラッグストア191店舗、調剤薬局10店舗、その他2店舗)である。
 
■18年5月期連結業績予想を増額修正
 
 18年5月期連結業績予想を3月23日に増額修正した。売上高は1億円増額して780億円、営業利益は1億50百万円増額して6億円、経常利益は1億50百万円増額して6億円、純利益は10百万円増額して1億50百万円とした。
 
 17年12月8日に、低価格競争に伴う売上総利益の減少を主因に利益を減額修正したが、一転して増額修正となった。歳末商戦が好調に推移し、商品政策見直しによる売上総利益率改善も寄与する見込みだ。なお17年5月期は連結決算移行に伴う変則決算だった。
 
 月次報告によると、18年2月は全店106.5%、既存店101.8%と順調である。既存店売上は11ヶ月連続の前年比プラスである。
 
■株価は戻り歩調
 
 株価は戻り歩調だ。1900円近辺で下値固めが完了し、18年5月期連結業績予想の増額修正も好感した。3月27日の終値は2075円で、今期予想連結PERは約64倍、時価総額は約98億円である。
 
 週足チャートで見ると、13週移動平均線と26週移動平均線を一気に突破した。戻りを試す展開が期待される。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)