アイ・ケイ・ケイ <2198> は「ララシャス」ブランドのゲストハウス・ウェディング事業を主力としている。18年10月期は新規出店も寄与して2桁増収営業増益予想である。株価は調整一巡して戻り歩調だ。
 
■ゲストハウス・ウェディング事業が主力
 
 婚礼事業を主力として、子会社の葬儀事業と介護事業も展開している。
 
 主力の婚礼事業は「ララシャス」ブランドのゲストハウス・ウェディング事業を、17年10月期末時点で九州中心に17店舗・33バンケット展開している。17年10月には愛知県岡崎市、17年12月には大阪市に新規出店した。なお婚礼事業の施行組数は第4四半期(8月~10月)の割合が高い。
 
■18年10月期2桁営業増益予想
 
 18年10月期連結業績予想は、売上高が17年10月期比10.1%増の200億05百万円、営業利益が10.1%増の20億05百万円、経常利益が10.1%増の20億10百万円、純利益が2.2%減の12億90百万円としている。
 
 第1四半期は、売上高が前年同期比1.7%減の41億39百万円で、営業利益が85.3%減の55百万円、経常利益が83.5%減の62百万円、そして純利益が87.6%減の31百万円だった。既存店の施行組数の減少、新規出店に伴う先行費用の発生で大幅減益だった。
 
 通期ベースでは、新規店舗の稼働や既存店舗のリニューアル効果で国内婚礼事業の施行組数が増加し、2桁増収営業増益予想である。なお18年1月末時点の受注残組数は15.1%増の4071組と高水準である。
 
■株価は調整一巡して戻り歩調
 
 株価は2月の直近安値700円から切り返し、3月27日には779円まで上伸した。調整一巡して戻り歩調だ。3月27日の終値は771円で、今期予想連結PERは約18倍、時価総額は約231億円である。週足チャートで見ると13週移動平均線突破の動きを強めている。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)