オープンハウス <3288> は、戸建住宅販売を主力とする不動産デベロッパーである。18年9月期大幅増収増益・増配予想である。株価は高値圏で堅調に推移している。日柄調整完了して上値を試す展開が期待される。
 
■狭小地の戸建住宅に強みを持つ不動産デベロッパー
 
 戸建住宅販売を主力とする不動産デベロッパーである。首都圏を地盤として、狭小地の戸建住宅に強みを持つ。不動産仲介事業、建築請負事業、マンション事業、収益不動産事業も展開している。
 
■18年9月期大幅増収増益・増配予想
 
 18年9月期連結業績予想は、売上高が17年9月期比24.7%増の3800億円、営業利益が18.8%増の447億円、経常利益が20.4%増の435億円、純利益が21.0%増の300億円としている。6期連続過去最高更新の予想だ。
 
 第1四半期は、売上高が前年同期比9.0%増の764億61百万円、営業利益が11.3%増の96億33百万円、経常利益が7.0%増の93億91百万円、純利益が13.6%増の65億17百万円だった。
 
 第1四半期として過去最高だった。マンション事業が2.9倍増収、収益不動産事業が18.5%増収となり、米国不動産販売も伸長した。戸建関連事業(不動産仲介および建築請負を含む)事業は引き渡し物件が一時的に減少して5.9%減収だったが、ほぼ計画水準としている。
 
 通期ベースで好業績が期待される。なお配当予想は27円増配の年間92円(第2四半期末46円、期末46円)としている。予想配当性向は17.1%である。
 
■株価は高値圏で堅調、日柄調整完了して上値試す
 
 株価は1月29日に上場来高値6970円まで上伸し、その後も高値圏で堅調に推移している。3月27日の終値は6580円、今期予想連結PERは約12倍、時価総額は約3782億円である。
 
 週足チャートで見ると13週移動平均線がサポートラインの形だ。日柄調整完了して上値を試す展開が期待される。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)