ムゲンエステート<3299>(東1)は、首都圏中心に中古マンション買取・再販・賃貸を展開している。18年12月期増収増益・増配予想である。株価は昨年来高値圏から一旦反落したが、自律調整一巡して15年4月の上場来高値を試す展開が期待される。

■首都圏中心に中古マンション買取・再販・賃貸を展開

 首都圏1都3県中心に中古マンション買取・再販・賃貸を展開している。投資用不動産や区分所有マンションが柱である。新たにリースバック事業も開始した。

 中期経営計画では目標値を20年12月期売上高960億円、経常利益80億円、純利益50億円としている。
■18年12月期増収増益・増配予想

 18年12月期連結業績予想は、売上高が17年12月期比20.0%増の762億84百万円、営業利益が11.8%増の79億59百万円、経常利益が11.5%増の72億22百万円、純利益が8.5%増の46億39百万円としている。

 中古不動産売買ニーズが高水準に推移し、投資用不動産販売が成長ドライバーとなって増収増益予想である。平均販売単価上昇も見込んでいる。なお配当予想は5円増配の年間30円(期末一括)としている。

■株価は高値圏から反落したが、自律調整一巡して上値試す

 株価は3月18日の昨年来高値1412円から一旦反落したが、自律調整の範囲だろう。3月27日の終値は1312円で、今期予想連結PERは約7倍、時価総額は約320億円である。

 週足チャートで見ると13週移動平均線がサポートラインの形だ。自律調整一巡して15年4月の上場来高値1532円を試す展開が期待される。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)