ロードスターキャピタル <3482> (東マ)は、付加価値を高めて売却する不動産投資運用を主力としている。収益は物件売却によって変動しやすいが、17年12月期は大幅増収増益だった。そして18年12月期も大幅増収増益予想である。株価は急伸した上場来高値から反落したが、目先的な過熱感が解消した。
 
■不動産投資運用が主力
 
 不動産とテクノロジーを融合し、コーポレートファンディング事業(不動産投資、不動産賃貸)を主力として、クラウドファンディング事業、その他事業(アセットマネジメント)も展開している。
 
 18年1月にはエクイティ投資型商品の提供に向けて、投資運用業および電子申込型電子募集取扱業務の登録を完了した。これまで不動産のプロに限られてきた不動産投資を、クラウドファンディングの手法を用いて一般の個人投資家にも開放することが可能になる。
 
■17年12月期大幅増収増益、18年12月期も大幅増収増益予想
 
 17年12月期連結業績は売上高が16年12月期比88.7%増の87億94百万円、営業利益が81.9%増の13億64百万円、経常利益が69.1%増の11億89百万円、純利益が69.5%増の7億94百万円だった。なお配当を開始して年間11円(期末一括)とした。配当性向は14.5%である。
 
 不動産市場の好況を背景に、コーポレートファンディング事業の不動産投資において8件の不動産を売却した。不動産賃貸は新規8物件を取得した。クラウドファンディング事業の投資家会員数は4.3倍の7635名、累積投資金額は3.6倍の36億52百万円となった。
 
 18年12月期連結業績予想は、売上高が17年12月期比19.4%増の104億98百万円、営業利益が32.8%増の18億12百万円、経常利益が33.7%増の15億91百万円、純利益が13.4%増の9億円としている。
 
■株価は目先的な過熱感解消
 
 株価(17年12月15日付で株式2分割)は、急伸した3月19日の上場来高値2914円から利益確定売りで反落したが、目先的な過熱感が解消した。
 
 本日3月27日は2669円まで上げている。週足チャートで見ると13週移動平均線がサポートラインだ。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)