文化大革命を引き起こした故毛沢東氏のトラウマが、一般の中国市民の間では長期政権への反発がある。それでも、今回の全人代は、国家主席・国家副主席の任期撤廃などを柱とする憲法改正案を出席者の99.8%の賛成で可決した。長期政権に乗り出した習近平体制は、どこに向かおうとしているのか? 大和総研経済調査部の主席研究員、齋藤尚登氏は3月20日、「『習近平一強体制』が本格始動へ」と題したレポート(全5ページ)を発表し、新・・・・

続きを読む