フェイスネットワーク <3489> (東マ)は、3月16日に東京証券取引所マザーズに上場した。同社は、「我々は一人一人の夢の実現をサポートするワンストップパートナーであり続けます」という経営理念のもと、不動産オーナーに「入り続ける家賃収入」の提供を目指し、One to Oneマーケティングによるきめ細かいサービスを行っている。通年の入居需要立地で、投資対象としての割安感がり、都心とつながる好立地の世田谷区、目黒区、渋谷区からなる「城南3区」を中心に家賃10万円弱、部屋数10-15戸程度のワンルーム中心の新築一棟RCマンションを提供している。
 
 不動産投資支援事業では、自社ブランドマンションGranDuoシリーズの販売数が増加。また中古一棟ビルリノベーションの自社ブランドGrandStoryの販売を開始している。不動産マネジメント事業では、自社ブランド新築一棟マンションGranDuoシリーズの販売棟数が増加し、不動産オーナーの所有する新築一棟マンションの管理運営受託件数は増加している。
 
 2018年3月期第3四半期業績実績は、売上高86億5200万円、営業利益7億7500万円、経常利益6億4300万円、純利益4億5800万円に着地。
 
 18年3月期業績予想は、売上高133億3100万円(前期比31.4%増)、営業利益12億2300万円(同4.4%増)、経常利益10億3400万円(同0.1%増)、純利益6億7400万円(同4.7%減)を見込む。調達資金は人材確保や物件開発に充てる計画。年間配当予想は、期末一括25円を予定としている。
 
 株価は、上場初日の3月16日に公開価格1400円の2.29倍の3200円で初値をつけ、同日高値3220円と上昇したが、同19日安値2127円と売られている。学生層やOL、サラリーマンなどの層の入居者が見込まれる城南3区を中心に新築一棟RCマンションを個人富裕層に対してワンストップで提供していることを評価されている。買い一巡後は換金売り優勢となっており、どのあたりで下値を固めるか見極めていきたい。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)