15日のニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油相場は続伸した。国際エネルギー機関(IEA)はこの日公表した3月の石油市場月報で、2018年の石油需要予測を日量9930万バレルとし、前月から約10万バレル上方修正され、投資家の買い意欲が高まった。CL_は前日比0.24ドル高の61.17ドルで取引を終了した。

15日のニューヨーク商品取引所(COMEX)の金相場は続落した。米経済指標の発表がおおむね堅調な結果となり、ドル買い・ユーロ売りが進行した。そのため、ドル建てで取引される金塊などの商品に割高感が生じたことで上値が重い展開となった。XAUUSDは前日比8.35ドル安の1316.20ドルで取引を終了した。(東岳証券)