シノケングループ <8909> (JQS)は、前日15日に35円高の3475円と5営業日続伸して引け、今年3月7日につけた昨年来高値3550円に肉薄した。今2018年12月期業績が、7期連続の過去最高利益更新と予想され、配当も、普通配当ベースでこの6年間で17.1倍の大幅増配を見込んでいることを評価して内需系の割安株買いが増勢となっている。インドネシアでのゼネコン事業強化や、国内初の機関投資家向・・・・

続きを読む