東京市場のドル/円は、106.70円台まで上昇しましたが、米ペンシルベニア州の下院補選で野党・民主党候補が優勢となった事を受けて106.30円台へと反落するなど、上値が重い展開でした。(執筆:外為どっとコム総合研究所 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)

続きを読む