東京市場のドル/円は一時107円台に迫りましたが、本邦財務省の決済文書書換え問題への懸念から106.30円台へと失速。

 しかし、麻生財務相が会見を行い辞任の意向がない事がわかると106.70円前後まで値を戻すなど方向感が定まらない展開でした。

 欧米市場の動きが気になるところですが、まずは注目材料を確認しておきましょう。


3/12(月)
24:30 米3年債入札 (280億ドル) 
26:00 米10年債入札(210億ドル) 
27:00  米2月月次財政収支 
-----  ユーロ圏財務相会合 

3/13(火)
09:10 ブロックRBA総裁補、講演
09:30 豪1月住宅ローン貸出
09:30 豪2月NAB企業信頼感

※☆は特に注目の材料

 米雇用統計明けの月曜日は例によって材料が見当たりません。

 米2月雇用統計の余韻が残るとすれば米国株の続伸は見込めますが、米長期金利の上昇はあまり見込めません。

 欧米市場のドル/円は欧米の株価や長期金利の動向がカギとなりそうです。

(欧米時間のドル/円予想レンジ:106.100-107.400円)
(執筆:外為どっとコム総合研究所 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)