■小乗仏教地域における豊かさ

 皆さんのなかには金で装飾されたタイの寺院や仏像などをご覧になった方もいらっしゃるかと思います。写真で見ても、そのきらびやかさは素晴らしいものであり、文化の高さを物語っています。

 さて、東南アジアといえば、タイを筆頭に経済発展を続けていますが、位置づけとしては新興国とされているかと思います。そして東南アジアの中でも、タイなどは小乗仏教を宗教的な背景とする国で、スリランカなどもそうです。

 なぜ、このような水田が広がる国々できらびやかな金を施した豊かな文化を確立することができたのでしょうか? よくよく考えると不思議に・・・・

続きを読む