キーコーヒー <2594> は業務用・家庭用レギュラーコーヒー大手である。パッケージカフェ「KEYS CAFE」など事業領域拡大戦略を積極推進している。18年3月期は大幅減益予想だが、19年3月期の収益改善を期待したい。株価は売り一巡して戻り歩調だ。
 
■コーヒー関連事業を主力として飲食関連事業も展開
 
 コーヒー関連事業(業務用・家庭用レギュラーコーヒー)を主力として、飲食関連事業(イタリアントマト、アマンド)も展開している。17年3月期セグメント別売上高構成比は、コーヒー関連事業87%、飲食関連事業8%、その他(ニック食品、honu加藤珈琲店など)6%だった。
 
 中期成長に向けて「ブランド強化」「収益力強化」「グループ連携強化」を3つの柱に掲げ、新商品の開発・投入、パッケージカフェ「KEYS CAFE」の多店舗展開など新たな事業領域開拓を積極推進している。
 
 なお銀座ルノアール <9853> の普通株式58万株を、同社代表取締役社長小宮山誠氏から取得した。間接保有(子会社の有限会社オーギュスト所有分)を含めた出資比率(議決権割合)は34.19%となった。
 
■18年3月期大幅減益予想、19年3月期の収益改善期待
 
 18年3月期の連結業績予想(1月29日に2回目の減額修正)は、売上高が17年3月期比0.5%増の633億円、営業利益が78.2%減の3億円、経常利益が67.9%減の5億円、純利益が85.0%減の1億70百万円としている。天候不順も影響して売上高が計画を下回り、利益面では物流コストの上昇も影響する。
 
 配当予想は据え置いて、前期と同額の年間18円(第2四半期末9円、期末9円)としている。予想配当性向は235.3%となる。
 
 第3四半期累計は売上高が前年同期比0.3%増の486億89百万円、営業利益が56.9%減の7億70百万円、経常利益が50.7%減の9億75百万円、純利益が57.7%減の5億24百万円だった。売上高が計画を下回り、物流コスト上昇なども影響して大幅減益だった。売上総利益率は26.4%で1.9ポイント低下、販管費比率は24.9%で0.3ポイント上昇した。
 
 コーヒー関連事業は、売上高が0.6%増の424億73百万円だが、営業利益が48.1%減の11億07百万円だった。売上面では業務用市場が前年並みにとどまり、原料用市場が減収だが、家庭用市場が増収で、全体として微増収だった。利益面では、販売利益の減少や物流コストの上昇などで大幅減益だった。パッケージカフェ「KEYS CAFE」は10店舗出店し、期末導入店舗数は53店舗となった。
 
 飲食関連事業は売上高が3.9%減の34億42百万円で、営業利益が40百万円の赤字(前年同期は88百万円の赤字)だった。イタリアントマトの不採算店閉鎖で減収だが、販管費の効率的運用で赤字が縮小した。その他事業は売上高が2.1%増の27億74百万円で営業利益が68.9%減の86百万円だった。
 
 18年3月期は大幅減益予想だが、19年3月期の収益改善を期待したい。
 
■株主優待制度は3月末と9月末の年2回実施
 
 株主優待制度は毎年3月末日および9月末日現在の100株以上所有株主に対して自社製品詰め合わせを贈呈している。100株以上~300株未満所有株主に対して1000円相当、300株以上~1000株未満所有株主に対して3000円相当、1000株以上所有株主に対して5000円相当を贈呈する。
 
■株価は戻り歩調
 
 なお2月1日発表した自己株式取得および自己株式公開買い付け(取得株式総数の上限85万株、買い付け価格1953円、買い付け期間18年2月2日~18年3月2日)について、自己株式公開買い付けは3月2日に終了し、82万6000株を取得した。自己株式取得も終了した。
 
 株価は地合い悪化も影響した2月9日の直近安値2084円から切り返しの動きを強めている。18年3月期減益予想を織り込み、売り一巡して戻り歩調だ。
 
 3月7日の終値2150円を指標面で見ると、今期予想連結PER(会社予想連結EPS7円65銭で算出)は約281倍、今期予想配当利回り(会社予想の年間18円で算出)は0.8%近辺、前期実績連結PBR(前期実績の連結BPS1591円39銭で算出)は1.4倍近辺である。時価総額は約488億円である。
 
 週足チャートで見ると26週移動平均線突破の動きを強めている。戻りを試す展開が期待される。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)