東京市場のドル/円は伸び悩む展開でした。

 前日の海外市場の流れを引継いで106.40円台まで買いが先行しましたが、一時500円近く上昇していた日経平均株価が上げ幅を縮めると106.10円台に押し戻されています。

 欧米市場の動きが気になるところですが、まずは注目イベントをチェックしておきましょう。

3/6(火)
17:15  スイス2月消費者物価指数
18:30  南ア10-12月期GDP
21:30  ダドリー米NY連銀総裁、講演
24:00  カナダ2月Ivey購買部協会景気指数
24:00  米1月製造業新規受注
27:15  ホールデン英MPC委員、講演
30:35☆ロウRBA総裁、講演

3/7(水)
09:00  ブレイナード米FRB理事、講演
09:30☆豪10-12月期GDP
10:30  カプラン米ダラス連銀総裁、講演
※☆は特に注目の材料

 ドル/円相場の決め手になりそうなイベントは予定されていません。

 突発的なニュースがなければ、欧米の株価や長期金利の動きを睨んで106円台前半を中心にもみ合う展開となりそうです。

 そのほか、明朝にかけてはロウRBA総裁の講演や豪10-12月期GDPなど、豪ドル関連の重要イベントが続きます。

(欧米時間のドル/円予想レンジ:105.700-106.500円)
(執筆:外為どっとコム総合研究所 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)