マーケットエンタープライズ <3135> (東マ)はネット型リユース事業を展開し、中期成長に向けて事業ドメイン拡大戦略も推進している。18年6月期は営業黒字化予想である。収益改善を期待したい。株価は地合い悪化も影響して水準を切り下げたが、調整一巡感を強めている。
 
■インターネットに特化してリユース品買取・販売事業を展開
 
 インターネットに特化してリユース(再利用)品を買取・販売するネット型リユース事業を展開している。
 
 コンタクトセンターにおける事前査定サービス、出張・宅配・店頭の3チャネルによる買取サービス、全国のリユースセンターでの在庫一括管理という、コンタクトセンターからリユースセンターまで一気通貫のオペレーションシステムを特徴とし、マルチチャネル対応で全国的な仕入・販売網を構築していることが強みだ。
 
 買取総合窓口サイト「高く売れるドットコム」をフラッグシップサイトとして、複数の自社運営WEB買取サイトを通じて一般消費者や法人からリユース品を仕入れ、全国のリユースセンターで在庫を一括管理する。そしてヤフオク、楽天市場、Amazon、Ebayなど、複数の主要Eマーケットプレイスに出店した自社運営サイトで、一般消費者や法人向けに販売する。販売サイトのサービスブランドは「ReRe(リリ)」に統一した。
 
 また17年2月中古農機具・農業機械の買取専門サービスサイト「農機具高く売れるドットコム」を開始、17年3月宅配レンタルサービス「ReReレンタル」を開始、17年6月「コト消費」時代の新メディアとして趣味とその道具に出会えるウェブメディア「ビギナーズ」を開始、17年11月ヤフオクの「カウマエニーク」においてヤフーやブックオフコーポレーションと出張買取で連携した。
 
 18年2月には、SORABITOと中古建機・重機の買取・販売で提携し、中古建機販売プラットフォーム「ALLSTOCKER」とのシステム連携を視野に入れて「建機高く売れるドットコム」を開設した。
 
■中期成長に向けて事業ドメイン拡大戦略を推進
 
 中期経営目標として3~5年の間に売上高100億円、営業利益10億円の達成を目指すとしている。中期成長戦略では収益基盤強化を目指し、事業拠点拡大の水平展開、取扱商品拡大の垂直展開、そして新サービス構築による事業ドメイン拡大戦略を推進する。
 
 水平展開では仕入基盤拡充に向けて、全国主要都市への新規リユースセンターの開設を推進し、出張・店頭買取における人口カバー率の向上や買取コンバージョン率の向上を目指す。垂直展開では取扱商品拡大に向けて、比較サイト運営・専門企業などとのアライアンスを強化し、高単価・低粗利益率帯の車・バイク・不動産など、低単価・高粗利益率帯の衣類・本など、未取扱商材や依頼情報のマネタイズゾーン拡充を図る。そしてシェアードエコノミーを実現する社会的インフラの一翼を担うべく、積極的なIT投資によって新サービスを創造・拡充させるとしている。
 
 16年8月光通信 <9435> と合弁でMVNO(仮想移動体通信事業者)のMEモバイルを設立し、16年9月高機能中古スマホ・タブレットと低価格SIMカードを組み合わせた低価格通話サービス「カシモ」開始、17年10月「カシモWiMAX」開始した。
 
 18年1月には、国内最大の民泊物件サイトを運営するスペースエージェントと、出資・事業提携に関する契約を締結した。リユース事業やレンタル事業と、シェアリングエコノミー領域におけるシナジー効果を目指す。
 
■引越しシーズンの第4四半期(4月~6月)の構成比が高い収益構造
 
 収益面の特性としては、転居に伴う商品の買い替えや新規購入などのニーズが高まり、買取依頼・販売が集中する春季の引越しシーズンにあたる第4四半期(4月~6月)の構成比が高くなる一方で、第1四半期(7月~9月)は売上高が減少して営業損益が低水準となりやすい傾向がある。
 
■18年6月期営業黒字化予想で収益改善期待
 
 18年6月期連結業績予想は、売上高が17年6月期比17.2%増の66億円、営業利益が55百万円の黒字(17年6月期は7百万円の赤字)、経常利益が51百万円の黒字(同4百万円の黒字)、純利益が29百万円の黒字(同19百万円の赤字)としている。配当は無配継続としている。
 
 リユース市場・EC市場が拡大基調であり、水平展開(全国主要都市への新規拠点開設)や垂直展開(取扱商材と顧客層の拡大)強化などで2桁増収予想である。利益面では、戦略的投資期間と位置付けて2拠点新規開設などで費用が増加するが、営業黒字化予想である。
 
 第2四半期累計は、売上高が前年同期比12.3%増の29億14百万円、営業利益が5百万円(前年同期は71百万円の赤字)、経常利益が3百万円の赤字(同67百万円の赤字)、純利益が6百万円の赤字(同54百万円の赤字)だった。
 
 新規2拠点開設による仕入基盤の強化、中古農機具取り扱い本格化、宅配レンタルサービス開始、ヤフーと連携した買取サービス「カウマエニーク」開始などサービス拡充効果で2桁増収となり、先行投資負担を吸収して営業黒字化した。MVNO事業の子会社MEモバイルの黒字化も寄与した。
 
 売上総利益率は41.4%で2.6ポイント低下した。長期滞留在庫の処分で一時的に原価が増加した。販管費比率は41.2%で5.5ポイント低下した。業務プロセス改善が寄与した。リユースセンターは17年9月西東京、17年12月札幌を開設して合計10ヶ所となった。
 
 第2四半期累計の進捗率はやや低水準だが、ほぼ想定水準としている。通期ベースでも営業黒字化、収益改善を期待したい。
 
■株価は調整一巡感
 
 株価は17年11月の昨年来高値1490円から反落し、地合い悪化も影響して水準を切り下げたが、その後は700円台で下げ渋り、調整一巡感を強めている。
 
 3月5日の終値775円を指標面で見ると、今期予想連結PER(会社予想の連結EPS5円71銭で算出)は136倍近辺、前期実績連結PBR(前期実績の連結BPS179円80銭で算出)は4.3倍近辺、時価総額は約39億円である。
 
 週足チャートで見ると26週移動平均線がサポートラインの形だ。調整一巡して反発が期待される。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)