■ケインズと貨幣、金との関係

 ケインズが、第二次世界大戦後の国際秩序の再構築において、金との交換を前提とした国際決済通貨「バンコール」の導入を構想したことを以前述べました。ケインズは、基本的には金本位制的な立場ではありませんでした。彼の関心事は特に通貨の役割にあったようです。

 松岡正剛氏が指摘するように、ケインズは官僚としてインド省で働きましたが、その関心事は英国の・・・・

続きを読む