陳茂波・財政長官は2月28日、2018/19年度財政予算案を発表した。前年度の財政黒字は1380億ドル、財政備蓄は1兆ドルを超えるという潤沢な財政を抱えながらも全市民への現金支給は行わないことが事前に明らかにされていたが、税還付や減税などの措置で黒字の約40%を市民に還元する。(編集部・江藤和輝)

 17/18年度の財政収支は1380億ドルの黒字で、当初予算の黒字163億ドルを上回った。財政備蓄は3月末で1兆920億ドルに達する見込み。当初予算に比べ公有地売却益が62%増、印紙税収入が75%増となり、ともに返還後で最高。歳入は予想より20・6%増えた。18/19年度では歳入6045億・・・・

続きを読む