三井住友トラスト・アセットマネジメントが設定・運用するインデックスファンドシリーズ「SMT インデックスシリーズ」がスタート以来10年で、純資産総額合計が2000億円を突破した。同シリーズは、2008年1月に国内で初めてインデックスファンドをシリーズ化したもので、その後、運用各社が低コストのインデックスファンドのシリーズ化で追随した。現在のシリーズ本数は29本を数え、新たにネット専用・ノーロードの「i-SM・・・・

続きを読む