シャープ株式会社(大阪府堺市)は、ベトナムにおける太陽光発電所(メガソーラー)の建設を、不動産やエネルギー、農業、教育などの事業を手掛けるタインタインコングループ(Thanh Thanh Cong Group=TTC)傘下のザライ電力(Gia Lai Electricity)より受注した。23日、現地でTTCグループおよびザライ電力と調印式を行った。

  同発電所は、北中部地方トゥアティエン・フエ省に建設する。着工は2018年2月、完工および運転開始は9月の予定。約48MW-dcの大規模出力で、年間予測発電量は約6万1570MWh/年となり、ベトナムの一般的な家庭の年間消費電力量で換算すると約3万2628世帯分に相当する。

  ベトナム政府は、太陽光発電の施設容量を2030年までに1万2000MWへと引き上げることを計画している。シャープは、同発電所の建設を契機としてベトナム各地への太陽光発電所の設置を積極的に提案し、再生可能エネルギーのさらなる普及に貢献していく考えだ。(情報提供:VERAC)