東京市場のドル/円は、朝方に一時107.10円台まで上昇しましたが、勢いは続かず失速。

 実質月末最終日とあって実需のドル売りが強く買い一巡後には106.40円台へと反落しました。

 欧米市場の動きが気になるところですが、まずは注目材料を確認しておきましょう。 2/26(月) 19:00   クーレECB理事、講演 22:00   ブラード米セントルイス連銀・・・・

続きを読む