カナダ中銀(BOC)は1月17日の理事会で、今回の利上げ局面で3回目となる政策金利引き上げを決めた。成長見通しとインフレ見通しを引上げた上での利上げではあったが、ポロズ総裁は利上げの決定について理事会内に賛否両論があり、突っ込んだ議論が交わされた事を明らかにした。こうした経緯から市場の追加利上げ期待はやや盛り上がりを欠いており、金利デリバティブ市場が織り込む3月利上げの確率は10%未満にとどまっている。なお・・・・

続きを読む