東京市場のドル/円は、5・10日の仲値公示に向けたドル買いや、日経平均の堅調推移を受けた円売りで一時107円台を回復するなどしっかりの展開となりました。

 欧米市場に向けて、まずは注目イベントをチェックしておきましょう。

2/23(金)
19:00   1月ユーロ圏消費者物価指数(HICP)・改定値
21:00   ラムスデンBOE副総裁、講演
22:30☆ 1月カナダ消費者物価指数
24:15☆ ダドリー米NY連銀総裁、ローゼングレン米ボストン連銀総裁、講演
25:00☆ 米FRB半期金融政策報告書を議会に提出
27:30   クーレECB理事、メスター米クリーブランド連銀総裁、講演
29:40☆ ウィリアムズ米サンフランシスコ連銀総裁、講演
※☆は特に注目の材料

 今夜も数多くの米金融政策当局者の発言が予定されています。

 ダドリー米NY連銀総裁とローゼングレン米ボストン連銀総裁は「米連邦準備制度理事会(FRB)のバランスシート」がテーマのパネル討論会に出席します。

 また、ウィリアムズ米サンフランシスコ連銀総裁の講演テーマは「米経済見通しについて」です。

 核心に迫る発言があるか注目したいと思います。

 なお、今夜FRBが発表する半期金融政策報告書は来週28日に行われるパウエルFRB議長の議会証言のタタキとなります。

(欧米時間のドル/円予想レンジ:106.500-107.600円)
(執筆:外為どっとコム総合研究所 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)