米トランプ政権による通商政策において、米国の鉄鋼輸入において中国などに大幅は関税が課せられる可能性がある。4月中旬までに発表される見通しのトランプ大統領の判断が注目される。大和総研経済調査部の主席研究員、金子実氏と、研究員の永井寛之氏、中田理惠氏は2月23日、「中国の鉄鋼の過剰制作能力と米国の通商政策」と題したレポート(全13ページ)を発表し、米国の通商政策が中国経済に与える影響について考察した。レポートの要旨は以下の通り。

  ◆鉄鋼の輸入が米国の安全保障に与える影響についての米国通商拡大法に基づく米商務省の調査結果が公表され、中国の生産能力の拡大を主たる要因とする世界の鉄鋼の過剰生・・・・

続きを読む