ドル円はFOMC議事録公表後に107円30銭前後まで下げたが、米景気に対する強気の見方から107円90銭まで反発。ユーロドルは朝方には1.23台半ばまで上昇したものの続かず続落。1.22台後半まで売られ、この日の安値圏で引ける。株式市場はプラスで推移していたが、引けにかけて値を崩しダウは166ドル安。他の主要指数も揃って下落。債券相場は続落し、長期金利は2014年1月以来の2.95%に達する。金融当局が利上・・・・

続きを読む