中国の国家人事を決定する全国人民代表大会(全人代)が3月5日に開幕する。習近平政権の2期目が本格的に指導することになる。大和総研経済調査部の主席研究員、齋藤尚登氏は2月21日、「中国経済見通し 統計水増しと質の高い発展」と題したレポート(全8ページ)を発表し、全人代の注目点などを解説した。レポートの要旨は以下の通り。

  ◆2018年3月5日に全人代が開幕する。2018年の政府経済成長率目標は2017年と同様、前年比6.5%前後に設定されるとみている。ただし、同6.5%以上が目指された2017年とは異なり、若干の下振れも容認されることになろう。

  ◆2017年以降、・・・・

続きを読む