多くの商業銀行は2017年に、好調な実績に伴い採用を強化し、人員を大幅に増やした。2017年末時点における15行を合わせた従業員数は17万8000人超となり、このうち前年末比+13%増の約2万人が新規で採用された。

  VPバンク[VPB](VPbank)やHDバンク[HDB](HDbank)、軍隊銀行[MBB](MBbank)、リエンベトポストバンク[LPB](LienVietPostBank)などの民間商業銀行は、採用人数を大幅に拡大した。同4行における従業員数の前年比伸び率はそれぞれ+37%、+24%、+23%、+43%となった。

  サコムバンク[STB](Sacombank)は2016年に約600人を新たに採用したが、2017年には採用人数を2.3倍の1400人に増やした。エクシムバンク[EIB](Eximbank)およびアジアコマーシャル銀行[ACB](Asia Commercial Bank)は2016年に従業員を削減したが、2017年にはそれぞれ891人、168人を新たに採用した。

  採用人数が多かった分野は消費者向け金融だ。2017年末時点のVPBの従業員数は前年末比+6500人増の2万3879人。新たに採用した6500人のうち、2100人が親銀行、4400人が消費者ローンを手掛けるFEクレジット(FE Credit)をはじめとする子会社2社で雇用された。HDBは2017年に2600人を新たに採用し、このうち60%以上は消費者ローンを手掛ける子会社のHDセゾンファイナンス(HD Saison Finance)に勤務している。

  一方、国営商業銀行では2017年の採用人数が控えめな水準に留まった。ベトコムバンク[VCB](Vietcombank)およびヴィエティンバンク[CTG](Vietinbank)の採用人数はそれぞれ612人、827人に留まり、前年比+4%の増加。また、ベトナム投資開発銀行[BID](BIDV)は2017年に▲500人を削減し、同年末には従業員数が2万4588人に減少した。(情報提供:VERAC)