ドル円は107円台を回復。アジア市場でのドル堅調な動きを引継ぎ、ドル買い戻しが優勢に。一時は107円38銭前後までドル高が進み、ほぼ高値圏で引ける。ドル高の流れからユーロドルは続落。1.2315近辺まで売られ、1週間ぶりにユーロ安水準を示現。

 株式市場は反落。先週1週間上昇が続いたことでこの日の下げも当然との声も。ダウは254ドル下げS&P500も1週間ぶりに下落。債券相場は小幅に買われ、金利はやや低下。2年債の入札が実施されたが落札利回りは2.255%と2008年以来の高水準に。ドル高を受け金は大幅に下落。一方原油価格は続伸。

ドル/円   107.07 ~ 107.38
ユーロ/ドル 1.2320 ~ 1.2361
ユーロ/円  132.15 ~ 132.48
NYダウ   -254.13 → 24,964.75ドル
GOLD   -25.00  → 1,331.20ドル
WTI    +0.22   → 61.90ドル
米10年国債 -0.015  → 2.890%

本日の注目イベント

独  独2月製造業PMI(速報値)
独  独2月サービス業PMI(速報値)
欧  ユーロ圏2月サービス業PMI(速報値)
欧  ユーロ圏2月総合PMI(速報値)
英  英1月失業率
英  英1月財政収支
米  1月中古住宅販売件数
米  FOMC議事録(1月30・31日分)
米  ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁講演

 NY株がここ1週間上昇していたことから、連休明けの動きは気になっており、そろそろ上昇も一服で、もし大きく下落したらドル円も再び106円割れがあるかもしれないと予想していましたが、両市場の動きは「逆相関」でした。NYダウは254ドル下げここまでは予想の範囲内でしたが、ドル円はドルの買い戻しが活発となり、107円38銭前後までドル高が進行しています。

 この動きは昨日の東京市場でも見られ、日経平均株価が200円以上の下げの中、ドル円は堅調に推移していました。結局、先週までの株価は、急落後の戻しが急すぎたことと、105円55銭まで売られたドル円は売られすぎていたということのようです。特に円は、主要通貨に対して大きく上昇し、ドル高材料が多くあったにも関わらずドル安が続いていました。「オーバーシュートだった」と見ることができるのかもしれません。

 とは言っても、これでドル安トレンドが転換したと見るのはまだ時期尚早です。「1時間足」では完全に雲抜けを完成させ、MACDもプラス圏に入っており、短期的な上昇力を感じますが、昨日はちょうど「200時間線」を目前に足踏みした格好になっています。そのため、この107円41銭近辺が今日の上値メドの一つと考えられます。また昨年11月6日の114円74銭の高値から、先週の105円55銭の下落幅を基にフィボナッチリトレースメントを当てはめると、23.8%戻しのレベルが107円74銭という目どころになり、このあたりも戻りの目安になりそうです。

 NY株が再び下落したことで「VIX指数」も昨日は「20」を上回ってきました。まだ落ち着きを取り戻すには時間がかかるということのようです。来月にはFOMCがあり、ここでの利上げの可能性は依然として高水準です。FOMCの多くのメンバーが今回の金利上昇に伴う株価の急落は「取るにたらないこと」と、問題視していないことから「3月利上げは動かず」といった見方が主流です。そのため「今年の利上げは2回」との予想が後退し、現時点では「3回もしくは4回」
という見方が多くなっています。

 3月のFOMCで予想通り利上げが実施されれば、4回の可能性もかなり高まりますが、それには今の金融市場が落ち着くことが前提で、FRB高官はやや楽観的だとの印象があります。

 本日は106円70銭~107円70銭程度を予想しますが、先ずは107円台をキープできるかどうかです。日本株の下げは避けられないところですが、為替が前日よりも円安で推移していることから大きな下げにはつながらないと見ています。日経平均がプラスで終わるようだと、上記レンジの上値を抜くこともないとは言えません。(執筆者:佐藤正和・外為オンライン 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)