エフティグループ<2763>(JQ)は、法人向け環境関連商品・情報通信機器販売などを展開し、M&Aも積極活用してストック型収益・業容拡大戦略を推進している。18年3月期は法人事業が復調して増益・増配予想である。株価は地合い悪化の影響が一巡して昨年来高値圏だ。3%台後半の高配当利回りも評価して上値を試す展開が期待される。

■法人向けLED照明、ビジネスホン、OA機器などの販売が主力

 法人事業(中小企業・個人事業主向けLED照明等環境関連商品、ビジネスホン・OA機器・SOHOスモールサーバー等情報通信機器の販売、WEB制作サービスやインターネットサービスの提供)、コンシューマ事業(一般消費者向けインターネットサービスの提供、ドコモショップ運営)を展開している。17年3月期の事業別売上高構成比(連結調整前)は法人事業74%、コンシューマ事業26%だった。

 LED照明、空調、節水装置、電力などの環境商材を重点分野と位置付け、M&A・アライアンス・グループ再編、定額保守サービスなどストック型収益積み上げ、海外展開を推進している。海外はタイ子会社をASEAN地域への事業展開拠点として、LED照明など環境商材の販売を推進している。

 17年8月にはインドネシアの現地法人の商号を変更してLED照明等の販売を行う環境関連事業を開始すると発表した。17年11月にはクラウド・エージェンシーと共同でウォータサーバ販売の合弁会社を設立した。

■18年3月期増益・増配予想、法人事業が復調

 今期(18年3月期)の連結業績予想(11月9日に減額修正)は、売上高が前期(17年3月期)比0.7%増の400億円、営業利益が7.0%増の45億円、経常利益が8.0%増の45億円、そして純利益が7.8%増の24億50百万円としている。配当予想は6円増配の年間40円(第2四半期末20円、期末20円)としている。予想配当性向は54.3%となる。

 第3四半期累計は、売上高が前年同期比4.3%増の301億37百万円となり、営業利益が7.5%増の31億10百万円、経常利益が8.3%増の31億24百万円、純利益が17.8%増の19億65百万円だった。コンシューマ事業の収益改善が寄与した。差し引き売上総利益率は43.4%で2.0ポイント低下、販管費比率は33.0%で2.3ポイント低下した。

 法人事業は売上高が2.6%減の215億02百万円で、営業利益が7.3%減の29億53百万円だった。累計ベースでは減収減益だった。新卒121名採用、既存社員の長時間労働抑止等の労働環境整備、営業品質管理体制構築、業務改善推進等を行った影響で低調だった第1四半期を補うに至らなかった。また法人向けストックサービス節水装置JETの営業コスト先行も影響した。ただし第2四半期、第3四半期とも前年同期比増益と復調傾向を強めている。

 コンシューマ事業は売上高が25.7%増の88億64百万円で、営業利益が2億68百万円(前年同期は1億54百万円の赤字)だった。17年3月期第3四半期から連結したアローズコーポレーションの太陽光発電設備も寄与した。

 通期会社予想に対する第3四半期累計の進捗率は売上高が75.3%、営業利益が69.1%、経常利益が69.4%、純利益が80.2%である。法人事業が復調して好業績を期待したい。

■株価は昨年来高値圏、3%台後半の高配当利回りも評価

 株価は2月2日に昨年来高値1037円まで上伸した。その後は地合い悪化の影響で一旦反落したが素早く切り返している。地合い悪化の影響が一巡したようだ。

 2月20日の終値1025円を指標面で見ると、今期予想連結PER(会社予想の連結EPS73円72銭で算出)は13~14倍近辺、今期予想配当利回り(会社予想の年間40円で算出)は3.9%近辺、前期実績連結PBR(前期実績の連結BPS364円31銭で算出)は2.8倍近辺である。時価総額は約372億円である。

 週足チャートで見ると13週移動平均線がサポートラインとなりそうだ。3%台後半の高配当利回りも評価して上値を試す展開が期待される。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)