JSP <7942> は発泡プラスチック製品の大手である。18年3月期は営業微減益予想だが、第3四半期累計の進捗率は高水準だった。価格改定や高付加価値製品拡販が進展し、通期予想に上振れ余地がありそうだ。株価は高値圏から急反落したが売り一巡感を強めている。戻りを試す展開が期待される。

  ■発泡プラスチック製品大手、高機能・高付加価値製品を開発・拡販

 
・・・・

続きを読む