東京時間に106円84銭まで下落したドル円は、NYでは一旦反発したものの再び売られ、106円73銭までドル安が進む。長期金利の上昇や株高には反応せず、ドル売りが優勢に。ユーロドルは反発。ユーロ圏の景気回復を材料にユーロは買われ、10日ぶりに1.2465までユーロ高が進む。株式市場は4日続伸。VIX指数が低下したことを手掛かりに買いが優った。ダウは253ドル上昇し、ここ4営業日で1000ドルほどの反発を見せる。債券相場は続落。1月の消費者物価指数が予想を上回ったことで売りが膨らむ。長期金利は2.9%を超え、2.91%台でクローズ。金は大幅に続伸し1358ドル台に、原油価格も大幅に反発し60ドル台を回復。 ・・・・

続きを読む