ジェイテック <2479> (JQ)は技術者派遣の「技術商社」を標榜し、技術職知財リース事業を展開している。18年3月期第3四半期累計は減益だった。通期も採用コスト増加で減益予想だが、技術者派遣の需要は高水準である。株価は地合い悪化の影響で安値圏モミ合いから下放れの形となったが、売り一巡感を強めている。
 
■技術者派遣の「技術職知財リース事業」が主力
 
 製造業の開発・設計部門に技術者を派遣する「技術職知財リース事業」を主力としている。専門教育による知識を基盤として、新たな付加価値を顧客に提供する社員を「テクノロジスト」と呼称し、一般的なエンジニアと区別していることが特徴だ。そして「技術商社」を標榜し、テクノロジストが保有する知恵を提供(リース)することで、顧客とともに新たな価値を創造する「技術職知財リース事業」としている。
 
 機械設計開発、電気・電子設計開発、ソフトウェア開発、建築設計の4分野を柱としている。上位10社の顧客企業の売上構成比は46.3%である。LIXIL、本田技術研究所、ヤマハ発動機、デンソーテクノ、三菱日立パワーシステムズ、富士通テンなど幅広い業種の優良企業との取引がある。特定の業界・企業への依存度を低くして、業種別・顧客別売上構成比のバランスを維持していることも特徴だ。
 
 なお2月14日には、連結子会社のジェイテックアドバンストテクノロジとジェイテックビジネスサポートの合併(18年3月30日予定、存続会社はジェイテックアドバンストテクノロジ)を発表した。
 
■18年3月期減益予想
 
 今期(18年3月期)の連結業績予想(5月9日公表)は、売上高が前期(17年3月期)比2.9%増の34億28百万円、営業利益が17.6%減の1億02百万円、経常利益が18.0%減の1億01百万円、純利益が20.7%減の71百万円としている。配当予想は前期から記念配当を落として、1円減配の年間1円(期末一括)としている。予想配当性向は12.1%となる。
 
 第3四半期累計は、売上高が前年同期比8.5%減の22億93百万円、営業利益が23.2%減の50百万円、経常利益が24.1%減の49百万円、そして純利益が8.0%減の46百万円だった。
 
 セグメント別売上高は、技術職知財リース事業が7.4%減の21億87百万円、一般派遣およびエンジニアリング派遣事業が22.2%減の1億13百万円だった。計画どおりのテクノロジスト確保が厳しく、人材不足の影響で減収減益だった。ただし稼働率は前年同期と同水準であり、契約単価は上昇した。
 
 通期も採用コストの増加などで減益予想だが、技術者派遣の需要は高水準である。中期経営計画では経営目標値に20年3月期売上高36億37百万円、営業利益1億11百万円、経常利益1億10百万円、純利益83百万円を掲げている。人材確保が課題だが中期的に受注環境は良好だろう。
 
■株価は売り一巡感
 
 株価は急落して安値圏210円~230円近辺でのモミ合いから下放れの形となった。18年3月期減益予想は織り込み済みだが、地合い悪化が影響したようだ。ただし190円近辺で売り一巡感を強めている。
 
 2月14日の終値193円を指標面で見ると、今期予想連結PER(会社予想の連結EPS8円29銭で算出)は23~24倍近辺、今期予想配当利回り(会社予想の年間1円で算出)は0.5%近辺、前期実績連結PBR(前期実績の連結BPS93円79銭で算出)は2.1倍近辺である。時価総額は約17億円である。
 
 週足チャートで見るとモミ合い下放れの形となったが、売り一巡して反発が期待される。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)