税関総局が発表したデータによると、1月単月の完成車(CBU)輸入台数は前年同月比▲95.3%減の340台で、輸入総額は同▲85.8%減の2153万7000USD(約23億5000万円)だった。

  輸入したCBUのうち、9人乗り以下の乗用車の台数は前年同月の5430台から17台へと急減し、輸入額は56万7255USD(約6200万円)だった。

  1月に完成車輸入台数が減少した要因として、新政令により2018年1月1日から完成車輸入の条件が厳格化され、輸入業者各社が今後の輸入を当面見合わせるとしたことが挙げられる。

  なお、ベトナムにおける2017年通年の完成車輸入台数は前年比▲16.8%減の9万4000台、輸入総額は同▲9.6%減の21億5400万USD(約2350億円)となっている。(情報提供:VERAC)