ブレインパッド <3655> は、前日13日に323円高の2402円と急反発して引け、取引時間中には2555円高値まで買い進まれ、今年2月1日につけた株式分割権利落ち後高値2285円を一気に更新した。同社株は、今年2月9日に今2018年6月期第2四半期(2017年7月~12月期、2Q)累計業績を発表、今年1月23日の上方修正通りにV字回復して着地しており、6月通期予想業績は期初予想を据え置いたが、通期予想業績対比で2Q累計業績が、高利益進捗率を示したことを手掛かりに業績高変化人気を再燃させた。また13日付けの日経産業新聞で、同社がAI(人工知能)を活用してコンクリートの劣化を検知するアプリを・・・・

続きを読む