アールシーコア <7837> (JQ)はログハウスのオリジナルブランド「BESS」を販売している。18年3月期第3四半期累計は大幅減益だった。通期も一時的な原価増加などで営業減益予想である。ただし株価は織り込み済みで戻り高値圏だ。3%台後半の高配当利回りも見直して上値を試す展開が期待される。
 
■ログハウスのオリジナルブランド「BESS」を販売
 
 自然材をふんだんに使った個性的な木の家であるログハウスのオリジナルブランド「BESS」の販売を、国内直販部門、連結子会社BESSパートナーズ(BP)社、および国内販社で展開している。FCを中心とした事業展開で高資本効率を実現している。
 
 17年3月期セグメント別売上構成比(連結調整前)は直販部門27%、販社部門61%、BP社11%、北米部門(16年7月カナダの連結子会社を売却して連結除外)1%だった。収益は直販部門とBP社の「BESS」売上、販社からのロイヤリティ収入および販社へのキット部材売上などである。なお四半期収益は物件引き渡し件数・時期などで変動しやすい特性がある。
 
 中期経営計画(18年3月期~20年3月期)では目標数値として20年3月期売上高200億円、営業利益率8%、ROE18%、重点戦略としてBESSファンが集う「触媒力」の拡大、新時代の暮らし方「梺(ふもと)ぐらし」創出、BESSブランドを旗印とした「販社制度」の強化、そして「生産革新」の実行を掲げている。
 
■18年3月期3Q累計は大幅減益
 
 1月31日発表した今期(18年3月期)第3四半期累計の連結業績は、売上高が前年同期比0.9%減の94億77百万円、営業利益が81.3%減の84百万円、経常利益が77.9%減の1億01百万円、純利益が57.9%減の96百万円だった。
 
 直販部門での建設工期および販社部門での部材納期の長期化傾向、営業促進策実施による売上総利益率の低下、展示場来場数促進のための広告宣伝費および販促費の増加、BESS多摩オープンに向けた人員増に伴う人件費の増加、中期経営計画達成に向けた人材強化や施策実行に係る費用の増加などで減収減益だった。契約(受注)高は13.0%増の93億02百万円と伸長し、期末契約残高は83億33百万円となった。
 
 セグメント別売上高は直販部門が7.8%増収、販社部門が7.9%減収、BP社が33.6%増収だった。売上総利益率は32.1%で0.4ポイント低下、販管費比率は31.3%で3.5ポイント上昇した。特別利益では投資有価証券売却益55百万円を計上し、特別損失では関係会社売却損1億15百万円が一巡した。
 
■18年3月期営業減益予想だが19年3月期の収益拡大期待
 
 今期(18年3月期)の連結業績予想(11月10日に営業利益と経常利益を減額修正)は、売上高が前期(17年3月期)比10.1%増の142億円、営業利益が9.9%減の6億円、経常利益が13.1%減の5億90百万円、純利益が20.2%増の4億60百万円としている。配当予想は、1円増配の年間48円(第2四半期末24円、期末24円)としている。連続増配で予想配当性向は44.3%となる。
 
 通期ベースの売上高は契約残高の売上化で上期の遅れを取り戻すが、19年春に予定しているBESS多摩オープンに向けた費用、生産革新に向けた費用など一時的な原価増加で営業・経常減益予想である。純利益については有価証券売却による特別利益計上を見込んでいる。
 
 今期(18年3月期)は一時的な原価増加などで営業減益予想だが、来期(19年3月期)は収益改善を期待したい。
 
■株主還元はDOEを重視、株主優待は3月末と9月末に実施
 
 利益配分については、DOE(純資産配当率)を重視した長期的視点での安定配当を行うことを基本とし、当面はDOEを7%程度まで高めることを目標としている。株主優待制度は毎年3月末・9月末の年2回実施している。
 
■株価は戻り高値圏、18年3月期営業減益予想を織り込み済み
 
 株価は1月29日に1271円まで上伸し、17年11月の昨年来高値1283円に接近した。その後は地合い悪化の影響を受ける場面もあったが、戻り高値圏で堅調に推移している。18年3月期営業減益予想の織り込みは完了しているようだ。
 
 2月9日の終値1239円を指標面で見ると、今期予想連結PER(会社予想の連結EPS108円29銭で算出)は11~12倍近辺、今期予想配当利回り(会社予想の年間48円で算出)は3.9%近辺、前期実績連結PBR(前期実績の連結BPS1073円82銭で算出)は1.2倍近辺である。時価総額は約56億円である。
 
 週足チャートで見ると13週移動平均線がサポートラインだ。3%台後半の高配当利回りも見直して上値を試す展開が期待される。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)