昨日のドル/円は109円台を中心にもみ合った。米長期金利の上昇などを受けてドルが強含んだが、クロス円での円高圧力も根強く、ドル/円には方向感が出にくい地合いであった。懸案の主要国株価は落ち着きを取り戻しつつあるものの、日米ともに日中の上昇を維持できず引けにかけて失速するなど反発力を欠いた。当面の株式市場は経過観察が必要と見られ、ドル/円の上値を抑える要因になりそうだ。
 ただ、ダドリーNY連銀総裁が「株価急落は景気先行き観にほとんど影響しない」との認識を示したほか、カプラン・ダラス連銀総裁も「調整は健全だ」と述べており、米連邦準備制度理事会(FRB)が株価に配慮して利上げを休止する公算は小さい。日米金利差は今後も拡大する可能性が高く、中長期的にはドル高・円安に作用しそうだ。本日もドル/円は109円台でもみ合う展開が見込まれる。
本日の予想レンジ: 108.800-109.900円(執筆:外為どっとコム総合研究所 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)